防音・跳弾防止ターゲットの試作品

ターゲット

コンセプトはケースバイケースで

GunTREXのターゲットは、命中すると「チーン」と快音が響くようにデザインされています。

しかし、状況によってはあえて命中音を響かせたくなかったり、跳弾を出来るだけ抑制したい場合もあります。

本稿は、そのための試作品を紹介します。

既存のターゲットを改修してみた

金属プレートの防音処置として「マグネットシートを貼付する方法」を以前U様からご教示頂きました。

加えて跳弾が周囲に飛散するのを防ぐため、プレートに角度を付けてみることにしました。

写真のようにお辞儀をさせます。

跳弾を飛散させないために

ターゲットの完全なる無跳弾化はハードルが高いので、とりあえず今回はターゲットを前傾させてBB弾を手前に落とす構想です。

実銃・実弾の世界でも採用されている方法ですが、ホップアップのバックスピンが掛かりながら飛翔するBB弾ではどう作用するかはやってみないと分かりません。

とにかく、当面の課題はシンプルかつ低コストでそれを実現することです。

ターゲット毎にステーを作ることも考えましたが、作成の手間やコスト面、保管スペースの増大などデメリットが大きく断念しました。

そこでマグネットシートを貼ったプレートの吊り下げ方を工夫してみました。

紐の長さを調整可能にするため”コードストッパー”を使いました。

鉄筋、「右向け右」

以前、O様にご提供いただいたタクトレ標的用の”鉄筋”を水平方向に90度回転させます。

任意のアームにターゲットを前傾させて吊り下げます。

前傾の角度や位置調整には、コードストッパーで微調整が簡単かつスピーディーに行えます。

鉄筋表面のあばら状の模様が滑り止めとして機能してくれます。

なお、ターゲット底部の紐用アンカーには”ダブルクリップ“を使っているので汎用性も高いです。

試射はこれから

本日は、状況的に試射をすることが出来ませんでした。

機会をみて従来のプレートターゲットと撃ち比べてみます。

防音効果と跳弾抑制効果については、騒音測定器とスマホのスローモーション撮影を活用して検証してみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました