スピードシューティング練習/記録会

未分類

エアソフトガンを使用したスピードシューティングの練習と記録会を行います。

スピードシューティングは、複数のプレート(的)をブザーの合図で如何に早く撃てるかタイムを競う競技です。

GunTREXではスピードシューティングを始める人や初心者に最適な、PPS(Practice Postal Steel)のルールで月1回ペースで自由参加形式で練習記/録会を行っています。

次回の開催は、12月12日(日)08:30〜12:00です。

YouTubeで星野優美子さんやマック堺さんをはじめ多くのシューターのカッコイイ動画が上がっていますが、

正確に早く的に当てる」というのは、精密射撃やサバゲとは違った楽しさがあります。

この機会にスピードシューティングを初めてみてはいかがでしょうか?

初心者の方には、ルールはもちろんガンハンドリング含めて指導いたします。

参加希望の方は、GunTREXホームページ(お問い合わせ)からご連絡下さい。

※ GunTREX登録メンバーの方は、ガントレ!カレンダー(TimeTree)からご予約下さい。

スピードシューティング練習/記録会の概要

 開催:月1回(ガントレ!ブログで告知)途中入退場可

 費用:会場使用料のみ

 装備:GUN一式、ゴーグルまたはシューティンググラス、ホルスター(任意)

 PPSについて:https://ppsblog.militaryblog.jp/c52968.html

CQBにおけるスピードシューティング(競技射撃)の効用

CQBに必要な2つの要素「戦術」と「射撃力」の内、射撃力を向上させる近道が競技射撃です。

射撃力は更に「精度」と「速度」から成り立ちますが、どちらも人間が持つ曖昧さに左右され失敗が生じます。

成功率を100%目指して高めるには、失敗から学び曖昧さの要因を見つけて減らしていき、毎回正確に繰り返すための練習が必要です。

競技射撃は、タイムを計測する事で誤魔化しのきかない客観的な評価が下されるので、練習の成果を確認し方向性を見誤らずに射撃の「精度」と「速度」を向上させられます。

CQBトレーニングにおいて、一定の射撃力が無いと訓練についていけず訓練内容の理解が進みませんので、日頃の鍛錬としての競技射撃の取り組みをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました