「伏射ち」って何て読む?

雑学

主に小銃(ライフル)を使用した射撃姿勢の中で最も低く構えられて、かつ、安定した姿勢のことを何ていうかご存知でしょうか? (※ SBUプローンは後述します。)

英語では「プローン」といいますが、日本語では「伏射ち」といいます。

では、「伏射ち」と書いて何と読むか知っていますか?

スポーツシューティングの世界では「伏せ撃ち(ふせうち)」と呼んだりするようです。

一方で陸上自衛隊では「伏射ち(ねうち)」と読みます。専用の教科書には「伏(ね)射ち」とわざわざ仮名が付されています。

では「伏(せ)射ち」と書いて「ねうち」と読ませるのは何故なのでしょうか? 日本語的にも無理があるように思えます。

いろいろとリサーチしてみましたが、明確な回答を得るには至りませんでした。

ある戦史に詳しい先輩によると「以前は、伏射ちを『ふせうち』と呼称していた。しかし、戦場で兵隊を伏せさせる『伏せ』の号令と『伏せ射ち』の頭の発音が同じであったため錯誤が生じた。そのため『伏せ射ち』の呼称を『伏(ね)射ち』に改めた」という説を教えてくれました。

この説の真偽は不明ですが、戦場や戦闘の恐怖から班長の「伏せ射ち」の号令を「伏せ」と勘違いしてしまい、ひたすら物陰に伏せている兵隊がいたとしても不思議ではありません。

いずれにしても正解は「伏(ね)射ち」です。

自衛官の方は、この機会に今一度、専用の教科書の記述を自ら確認して、自信を持って「ねうち」と呼称出来るようにしておきましょう。

間違っても「寝(ね)射ち」と書かないように注意して下さい(^_-)

ちなみに※SBUプローンですが、ゴムボートで洋上から潜入する隊員が、ライフルの排莢口を上に向け、横倒しにして構える方法で通常のプローン(伏射ち)よりも更に低く構えることが出来ます。SBUは、スペシャル・ボート・ユニットの略です。

おしまいは、プロダーツプレーヤーの田渕亜季さんに「立姿〜伏(ね)射ち」を体験してもらった時の貴重な映像です。下のリンクをクリックしてご確認下さい。

https://vt.tiktok.com/2ngDao/

コメント

タイトルとURLをコピーしました